デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 キャリア採用

Invest Management & Real Estate | インダストリーサービス

オープンイノベーションを創発する街を具現化

街づくりに取り組む不動産デベロッパーは、日本・世界における激しい都市間競争に勝つことを経営目標の一つとしています。
DTCは、都心における次世代の街づくりに向けて、オープンイノベーションを起こす街のビジョンおよび実行態勢の構築を支援しています。都心に集積する大企業の新規事業担当者にとって魅力のあるコンテンツを置き、あらたな価値を生み出します。

本プロジェクトの概要

街づくりのプロフェッショナルである不動産インダストリーユニットのメンバーに加えて、Innovation専門チームであるMonitor Deloitteや、街に集積する各企業のチームアップへの支援をするべく他インダストリーユニットとも協働し、オールDeloitteでの支援体制を組んでいます。

不動産インダストリーユニットは、デベロッパーの事業戦略や投資戦略を読み解きながら、将来の街にとって重要な機能・取り組みが何であるかを検討し、Monitor Deloitteのメンバーはイノベーションを起こすための具体的な運営(組織・業務・参画企業との橋渡し)を検討しています。

プロジェクトにかかわるメンバー及びそれぞれの役割について

世界の都市に比肩する魅力的な街であり続けるためには、どんな要件を満たせばよいのでしょうか。

私たちは、大企業の新規事業担当者をはじめとして数多くの方々にヒアリングを行い、現在抱えている問題意識や、要望を徹底的に調査しました。
それにより見えてきたのは、ある種の‟オープンイノベーションブーム”の一方で、日本においては経営資源が大企業に集中しているにもかかわらず、大企業を中心とした(もしくは企業の枠を超えた)イノベーションチームの組成の仕組みが欠けていて、なかなか結果が出ないという問題でした。
そこで、Deloitteが有する大企業・スタートアップ・行政・アカデミア・VCなどの広範なネットワークを駆使して、ハード面の街づくりに加え、これらをつなぎ合わせるソフト面の支援を実施することとしました。

プロジェクトを成功させる上でのポイントやプロセスについて

街づくりは、10年後、30年後、その先、を見据えながら長期戦略を考えるべきものです。
しかしながら、街における重要なアクターのひとつであるオープンイノベーションをミッションとする大企業の新規事業担当は、クイックヒットを志向しているという現実もあります。彼・彼女らが魅力的に感じてくれる価値を提供しつつ、異なる時間軸を行き来しながら検討を進めていくことが、難しさでもあり、やりがいとなっています。

本案件ならではの難しさややりがい

不動産インダストリーユニットの豊富な街づくり知見に加え、先述のような総合ファームである知見を活かし、数多くの業界におけるリアルな課題や各大企業のライトパーソンを熟知していることが、机上の空論にならず、真にオープンイノベーションを起こす仕掛けの企画・実行まで踏み込むことができる要因となっています。

他のプロジェクト事例をみる