デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 キャリア採用

Process | インダストリーサービス

商社における次世代自動車の新素材についての新規事業創出

電気自動車や自動運転など自動車の環境が変わる中で金属や樹脂の新素材についての新規事業としてどこに商機があるか、また、それをどうような価値提供で事業化していくか。

本プロジェクトの概要

欧米の大手エネルギー企業の投資動向調査や、世界中で注目を集めるスタートアップ企業を抽出し、日本の電力・ガスバリューチェーンにおける連携シナリオを構築しました。
後続としてスタートアップ企業の提携意向の個別調査、現地訪問による交渉支援も行っています。

プロジェクトにかかわるメンバー及びそれぞれの役割について

プロジェクトマネジャー1人にスタッフ8名で3つのサブチームを編成しました。チームはProcessユニットのみならず技術戦略コンピテンシーチーム、自動車チームとそれぞれ専門性をもった複数ユニットの混成チームでした

プロジェクトを成功させる上でのポイントやプロセスについて

それぞれ、自動車インダストリーの製品開発動向に詳しいメンバー、ケミカルメーカーの研究開発プロジェクトに敬遠あるメンバー、DXについてシミューレーションソフトの動向に詳しいメンバーなどそれぞれの専門性や、チーム内に専門家がいない場合はDTC内の専門家のヒアリングなどを結集して、プロジェクトの実行にあたりました。
クライアントからはDTCの多様性ある専門知識と深堀する洞察力に高い評価いただきました。

本案件ならではの難しさややりがい

クライアントの要求や関心毎は多岐にわたり、すべてにお答えしていくと時間もリソースもご契約いただいた範囲にはとても収まらないものでした。
テーマを絞り込むにあたって、クライアントに同意いただけるロジック作りと深堀すべきテーマに対してプロジェクトメンバーのパッションをぶつけてご納得いただき、デリバリー完了へとこぎつけました。

他のプロジェクト事例をみる