デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 キャリア採用

Automotive|インダストリーサービス

激変する自動車・モビリティ業界の産業/事業構造変革を成功に導く

デロイト トーマツ コンサルティング自動車セクターは、日本の自動車産業の競争力強化に貢献するというアスピレーションを持った人材が集まった業界最大規模の自動車業界専門家を擁するインダストリープロフェッショナル集団です。
クライアントの事業がモビリティ、さらには都市・生活への昇華する中で、産業の枠組みを超えた未知なる領域への挑戦を伴走するとともに、デジタル時代に生き残るための抜本的な企業変革を成功へと導きます。

部門の構成と業務範囲、役割等

自動車業界は今100年に一度と言われる大変革期にあります。CASEトレンドは自動車自体、さらにはバリューチェーンを確実に変えようとしています。さらには、都市交通やエネルギーといった社会インフラとも一体となり産業の垣根を超えたエコシステムの広がりを見せており、既存の延長線上にない未知の領域での戦いが求められています。その一方で、足元では地域戦線、CASEによる技術戦線の拡大を受け収益性低下への対処も迫られており、極めて難しい舵取りが求められています。

こうした状況下において、 当セクターは、下記三つの強みを活かし、自動車メーカー、部品メーカーや関連産業企業、異業種参入企業の変革をリードします。

自動車業界の枠組みを超えてメガトレンドを先読みする力(FoM)
自動車産業の将来は、もはや自動車知見だけでは見通せません。当セクターは、多様なバックグランドのメンバーから構成される業界最大級の自動車専門チームが蓄積してきた知見に加え、他インダストリ―や社会課題のエキスパートとの連携に基づき多面的にトレンドを先読み、Future of Mobilityの姿を提言します。
新たなビジネスを具現化する社会実装力
産業構造が変わる中で、ビジネスモデルの転換、新規事業参入の実現には行政や異業種、スタートアップ企業など様々なステークホルダーを巻き込みエコシステムを構築していくことが必要となります。デロイトは、官公庁や金融セクターなどの業界エキスパートや、M&Aや新規事業開発に精通したメンバーとの連携により、クライアントの新規事業の構想から実装までを成功に導きます。
DX実装力
戦略や事業を実現する仕組みとしてデジタル基盤は不可欠なものとなっています。当セクターは、自動車業界の深い業務知見とテクノロジーに対する幅広いアクセスに基づき、クライアントニーズに応じてSolution群をコーディネートし導入します。加えて、それを活かすための業務プロセス、制度、風土改革を合わせて実施することで、クライアント企業のデジタル化を根本から実現します。
  • Q.業務のやりがい

    業界の枠組みすら変化するダイナミックな時代に、クライアントの変革の最前線を伴走する
    自動車業界は日本の基幹産業であり、その変革の成否は、将来の日本経済の成否を担うといっても差し支えありません。デロイト自動車セクターは、日本経済を支えたいという気概や視座を持ったメンバーと共に日々切磋琢磨し、クライアント・産業の一歩先を見据えた付加価値提供に取り組んでいます。
    また、デロイト トーマツ グループ内のエキスパートとも連携しながら、変革の伴走者としてクライアントと共に自動車の枠を超えた答えのない世界を開拓していく経験は、コンサルタントの醍醐味といえます。
  • Q.候補者の皆様へメッセージ

    自動車・モビリティ関連の経験・知見は重要ですが、クライアントの課題が複雑化している現在は、自動車に閉じずにより視野を広く持ち貪欲に新たな知識を得て、仮説検証を回すことが重要となります。新しい取り組みを責任感持って主体的に推進して頂ける方、チャレンジングな環境を楽しめる方をお待ちしています。
  • オファリングメニュー

    経営・事業戦略(Future of Mobility)
    • CASE事業・技術戦略
    • 中長期企業ビジョン・戦略立案
    • 産業政策策定
    • グループ企業再編戦略・PMI
    • スマートシティ・エネルギー事業戦略
    • SDGs・サーキュラーエコノミー戦略
    新規事業・社会実装
    • 新規事業構想・事業性評価
    • 事業立上げ支援(シェルパ)
    • アライアンス・スタートアップ協業
    • 政策動向調査・渉外戦略
    DX・企業変革
    • デジタル基盤刷新
    • 人事・組織・風土改革
    • デジタルSCM・経営管理・開発
    • サイバーセキュリティ
    • カスタマーエクスペリエンス刷新

    他の部門をみる