デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 キャリア採用

Monitor Deloitte(Strategy)|オファリングサービス

Future Confident ー 共創する未来への革新

モニター デロイトは、クライアントが明確かつタイムリー、そしてインスピレーションに満ちた決断を下せるようサポートし、混沌とした世界情勢の中から一歩抜き出て確かな成長を遂げられるよう、パートナーとして確固たる将来へと導きます。
モニター デロイトの戦略コンサルタントは、時代を先取る最先端の方法論と各産業に対する深い知見を活用し、経験者の意思決定を支え、企業変革を成功へと導きます。

部門の構成と業務範囲、役割等

ポスト資本主義時代の戦略リーダーとして Sustainability/Ecosystem/Co-creation
•社会価値創造と競争戦略を融合した経営変革をリードします。

•SDGsやESG、Circular Economy等への本質的対応に向けた様々な切り口からの企業変革を、戦略策定から実行、効果導出まで一貫して提供します。

•モニター デロイトがグローバルに有する国際機関、各国政府機関、グローバルNGO等とのネットワークと協調経験を活用して、様々なステークホルダーとのエコシステム構築やアドボカシーまでを支援します。

非連続な成長をもたらす変革ドライバーとして Innovation/Cutting Edge/Exponential Technology
•非連続な事業成長をもたらすDigital Transformation, Innovation戦略に関する業界リーダーとして、実績に裏打ちされた知見を基に、戦略策定から実行、効果導出まで一貫して支援します。

•Singularity UniversityやSilicon Valley, Israel Ecosystem等とのNetwork、世界のstartup/technology情報を一元化した情報Platform “TechHarbor”など、独自の資産をシームレスに提供します。

•USで有数のInnovation Design専門ファームDoblinの日本サービスを展開しています。

経営変革リーダーを創る真のパートナーとして Confident/Deep Industry Insight/Comprehensive
•クライアントと密に協働し、戦略策定にとどまらず、中長期的な変革実行を確実な成果に繋げる一連のプロジェクト活動を通して、次の企業変革を担う次世代経営者の育成を推進します。

•インダストリーに対する専門性と変革現場に根差した幅広い知見を基に、デロイトが有する業務プロセス、組織、ガバナンス、人事、ITプラットフォーム、会計・税務・法務等の各種専門家と共に最適な支援体制を構築し、変革を強力に推進します。

オファリングメニュー

Strategic Transformation
  • 全社構造改革/Transformation Office支援
  • DX (Digital Transformation)
  • 事業ポートフォリオ戦略
  • ビジネスモデル変革
  • EaaS(Everything as a Service)改革
Organic Growth
  • 長期ビジョン策定
  • シナリオプランニング
  • 中期戦略策定/中期経営計画策定
  • グローバル展開/海外市場進出戦略
  • カスタマーエクスペリエンス戦略
Innovation and Ventures
  • イノベーション組織/R&D組織変革
  • ビジネスプロデュース
  • デザイン・イノベーション
  • 社会課題起点イノベーション戦略
  • グローバルオープンイノベーション
  • 技術/知財戦略
Business design and Configuration
  • ビジネスモデル変革/ケイパビリティビルディング
  • 組織/マネジメント改革(両利きの経営)
  • ITプラットフォーム改革
Strategic Sensing and Insight Services
  • シナリオプランニング&モニタリング(Center for the long view)
  • グローバルテクノロジーセンシング&インテリジェンス(Techharbor)
  • Social Media Sensing & Analysis
  • Sustainability Sensing
CSV / Sustainability Strategy
  • Sustainability Driven/Purpose Driven Strategy&Organization
  • SDGs起点の新規事業創造
  • ブランド戦略/コーポレートコミュニケーション
  • アドボカシー機能構築

他の部門をみる