デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 キャリア採用

異業種出身

パブリックセクターの原体験をプロジェクトに生かしたい

シニアコンサルタント

ヒューマンキャピタル

Q.DTCに入って来られるまでの経緯を教えてください

A. 前職は公務員です。会計検査院という、端的に言えば国の無駄使いをチェックする独立機関に4年ほど勤めました。在職中は与えられた仕事に精一杯向き合っていましたが、機関の特性上、各組織の問題点を指摘できても改善には深く踏み込めないことにジレンマを感じてしまいました。そこで、長期的なキャリアを真剣に考えた末に新たな挑戦をしようと決断しました。

Q.コンサルタントへの転職を目指したのはなぜですか?

A. 何かを変えたい、良くしたいという強い意欲を持つ人に憧れを抱くところがあって、そんな人々を応援できるのがコンサルタントと考えたからです。人事を希望したのは、学生時代からの心理学や労働行政への興味が原点です。DTCは人事領域の規模が大きく、また内容も多岐に渡っていたので、ここなら私でもやっていけそうな可能性を感じました。

Q.入社前のイメージと入社後の現実にギャップはありましたか?

A. 年功序列ではなく実力主義の世界で、できない人間は追いつめられるのだろうと覚悟していました。けれど入社してみると、上から価値観を押し付けるのではなく、話をよく聞いて一人ひとりを理解してくれようとする方が多く安心しました。できないことに関しても上司や先輩から責められるのではなく、一緒に解決方法を考えてくれます。とは言え、クライアントに対するパフォーマンスは、高いレベルが求められます。前職では経験しなかったプレゼンにも苦労しました。クライアントの前で上手く伝えられず、見かねたマネジャーに割って入られたときは自己嫌悪に陥りました。

Q.苦い経験はどのように乗り越えましたか?

A. 周囲のサポートに救われました。助けを求めればできるまで教えてくれる方がDTCには多いです。たとえば私が苦手としたプレゼンも、有志が集まって練習会を開いてくれました。それからCheck-inという制度にも大いに救われています。これは、1~2週間に一度、同じプロジェクトに携わる上司から、業務に関するフィードバックを受けたり、仕事上の悩みを相談したりできる制度です。そんな助け合いの経験を積み重ね成長していくと、やがて個人の裁量に委ねてもらえる領域が増えていきます。それはこの仕事をしていく喜びですね。その一方で、プロジェクトの進め方やクライアントとのコミュニケーションなど、任せてもらえる範囲が広がると、自分の発言や行動の重さを実感する場面も増えます。入社4年を経て、少なからず自信がついてきた証拠かもしれませんが、自身の責任を強く意識するようになってきました。

Q.働く環境はどう感じていますか?

A. 柔軟な働き方ができています。DTCに入社した時点から、不要な長時間労働はせず効率的に働きたいと考えていました。実際に通勤ラッシュを避けて遅めに出社したり、仕事量が少ない日は早めに帰宅して自炊したりと自分の生活のペースに合わせて仕事ができています。場所に関しても、オフィスに来る必要がなければ自宅で作業することが可能です。そこも個人の裁量ですね。

Q.今後HCで挑戦したいことは?

A. 入社年数に鑑みても、そろそろ専門性を確立したいところです。「このトピックなら」と指名される人材になりたいですね。その上で、パブリックセクターで働いた私の原体験を各プロジェクトにどう生かせるか。未知数ですが、その実現は個人的な目標のひとつです。

Q.コンサルティングファームへの転職を検討されている方にアドバイスおよびメッセージをお願いします。

A. 私の場合で言えば、公務員とコンサルはまるで違った世界でしたから、戸惑うことはたくさんありました。特にDTCでは、常に「何をしたいか?」が問われます。それも当初は、単なる願望や我がままと混同してしまい、上手く表現できませんでした。しかし、自分の意志や考えが確立されていなければ、クライアントに対して本当にインパクトのある仕事はできないと思いますし、自分らしい働き方・生き方も実現できません。そして強い意志を持ち、それを周囲に伝えていくことができれば、ここでは多くのサポートが受けられます。コンサルへの転職についてアドバイスするなら、自分のキャリアは自ら築き上げていくものだという意識を持ち、自分から発信・行動することが重要ということです。

同じカテゴリーのインタビュー