デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 キャリア採用

素材産業|インダストリーサービス

日本の素材産業に”活”を入れる

日本の素材産業が世界における新しい暮らしと文化創造をリードしていくことをサポートします。

世界で勝負するための「モノづくり」+「ビジネスモデルづくり」

日本の化学企業、鉄・非鉄企業、その他素材企業は世界でも屈指の技術的競争力を持っています。私たちの身の回りの最終製品を構成している素材、部材の多くは日本の素材企業のものです。そういった意味で日本の素材産業なくして我々の生活は成り立たないでしょう。

実際に多くの素材や部材は世界でNo.1、またはそれに準じたマーケットシェアを獲得しています。例えば、航空機に使われる炭素繊維は日本企業の独断場です。日本の素材産業こそ最強の製造業なのです。しかし一方で、自動車やエレクトロニクスといった産業と比べると、グローバル化が遅れている面も目立ちます。

我々デロイト トーマツ コンサルティングは、日本の素材産業の技術優位性を基点とした“モノづくり”と世界で通用する“ビジネスモデルづくり”をクライアントとともに汗を流し、全面的に支援します。

グローバル化新時代に突入した素材業界

日本の素材業界も他の業界や産業と同様に“グローバル化”が今後の成長の最重要経営課題の一つとなっています。特に「ビジネスモデルのグローバル化」、「情報のグローバル化」、「人材のグローバル化」の3つのグローバル化への迅速かつ的確な対応が競争優位性確立に大きく影響してきます。

地域では東南アジア(SEA)、中国、インド等のアジアを中心にビジネスは拡大を続けています。我々デロイト トーマツ コンサルティングもクライアントと共に地域に根を張り、サポートを続けています。

専門知識と知恵に加え、熱い志をもって、クライアントに最大の付加価値を提供する

デロイト トーマツ コンサルティングは、コンサルティング業界において最大の素材産業専門チームを持っています。技術の進歩やグローバル化の進展といった様々な要因で複雑化していく経営課題をクライアントと深く議論できる「専門知識」と、多くの案件から蓄積してきた「知恵」を掛け合わせることで、クライアントに最大の付加価値を提供します。

そして何よりも「日本の素材産業に新しい力を」という熱い志をもって、様々な課題に直面する素材企業を支え、グローバルに競争力を確立していくことを目指しています。

素材産業のオファリングメニュー

成長の仕方を変える
  • 中期経営計画
  • クロスボーダーM&A
  • 新興国進出
  • 新規事業立ち上げ
業務のやり方を変える
  • 全社コスト構造改革
  • 営業力強化
  • 在庫マネジメント
  • グローバルSCM
ビジネスインフラを変える
  • グローバル経営管理(再)構築
  • グローバル戦略本社(再)構築
  • グローバル経理・財務体制(再)構築
  • ERP再生
人・意識を変える
  • グローバルHR
  • 組織/風土改革(チェンジマネジメント)
  • 次世代リーダー育成
CFO組織・タレントマネジメント
  • 経理財務組織ビジョニング・機能再配置
  • CFOタレントディベロップメント
  • CFO組織診断

他の部門をみる