テクノロジー|コンピテンシーサービス

クライアント企業のCIO並びにCXOへのIT及びビジネスに関するアドバイザリーとして、
「戦略策定」だけにとどまらず「戦略の導入計画、実行から定着」まで幅広く支援することにより、
クライアントの課題解決により深くコミット。M&A関連及び、グローバル関連の案件多数。

テクノロジーを活用した業務改革

テクノロジーの進化を背景に高度化されたツールが市場に出てきている。これらのツールを活用し、より早く、より確実な業務改革の実行を支援する。
インダストリー知見に加え、各国・地域に即した知識を必要とする経営課題に対し、150カ国超の拠点のエキスパートと連携し対応できるクロスボーダー対応力、監査、税務、ファイナンシャル アドバイザリー、コンサルティングを統合した「クライアントサービスチーム」を、クライアントに合わせて結成し、それぞれの知見と専門性を活かし合うクロスファンクショナル対応力が特徴です。

高度な専門性に立脚したCIOアドバイザリー

CIO(ポジション不在の場合は他のCXO)に対して、経営×テクノロジーに関わるアジェンダを提示し、改革の構想や実行計画策定を支援する。
IT DDからPMIに至るまで、経営課題の中において、テクノロジーによって解決できること、解決すべきことを示し、具体的な実行支援(業務改革)へつなげていく。経営の見える化についても、日本企業の海外進出に伴いグローバルでの可視化を支援し、経営スピードアップに貢献する。また、日本企業におけるグローバル化に伴いグローバルITガバナンスの強化を支援、現状評価から計画策定、実行支援する。

最新テクノロジーを活用したビジネス変革

デジタル技術を中心とした最先端テクノロジーに深い知見を有し、それらがクライアントのビジネスにどのように活用できるかの提言と、実際にそのアイデアを具現化するための設計・開発・導入を実施する。
高度なテクノロジーの利活用が一般に普及し、人々の行動様式が変化する中で、その環境に適合してマーケティングのあり方やワークスタイルを抜本的に変えることの成否が、企業の競争力を大きく左右するようになっている。そのために、モバイル、Web、ソーシャルネットワークといった先端テクノロジーを使いこなす技術力と、全社的な取り組みとしてビジネス目標を的確に示しながら多くのステークホルダーを動かすマネジメント力を発揮し、クライアントのビジネス変革をリードする。

テクノロジーのオファリングメニュー

  • テクノロジーを活用した業務改革

    • ・Technology(ITツール、Digital等)を活用した業務改革
    • ・Industry特化のパッケージ導入
    • ・グローバルロールアウト・ロールイン
    • ・クラウド技術を活用した短期間でのビジネス・業務の立ち上げ支援・パッケージ/ベンダー選定
  • CIOアドバイザリー

    • ・IT戦略策定
    • ・IIT DD (ITデューデリジェンス)
    • ・IT PMI計画策定(IT Post Merger Integration)
    • ・IT投資ポートフォリオ最適化
    • ・IT組織・ガバナンス改革
  • 最新テクノロジーによるビジネス変革

    • ・デジタルビジネス戦略策定
    • ・デジタル技術戦略
    • ・デジタルマーケティング
    • ・モバイルソリューション
    • ・先端テクノロジーR&D