CFOサービス | コンピテンシーサービス

グロ―バル深化の時代に、「守り」の役割から、企業価値向上に直接的に貢献する「攻め」の役割を担い
クライアントにとって必要なCFO機能の進化をサポート

戦略的役割を担うためのCFO機能の進化こそネクストチャレンジ

クライアントは、自ら掲げるビジョンを実現し、将来的なターゲットオペレーションモデルを具体的に描かなければなりません。

そのために、従来的な「守り」の役割からの変化を迫られているCFOおよびCFO組織の変革のみならず、企業にとって必要なCFO機能の進化をサポートするために、CFOサービスでは、『4 Faces of CFO』のコンセプトをもととした各種サービスを提供しています。

ステークホルダーの期待する戦略立案への参画「ストラテジスト」、戦略実行の推進「カタリスト」という「攻め」の役割、統制環境の整備「スチュワード」、取引処理の実行「オペレーター」という「守り」の役割、それぞれのバランス感が重要と考えています。

これらの課題に挑み続けているからこそ、戦略的な役割をも担うことができるバランス感のあるCFO及びCFO組織の実現とサービスの提供ができています。

Deloitteの誇るネットワーク活用とグローバルレベルでCFO機能の強化

プロジェクトのテーマに応じて、デロイト トーマツ コンサルティング内の他サービスグループやインダストリーグループ、また、トーマツグループの他ファンクション(監査、税務、ファイナンシャル アドバイザリーサービス)やDeloitteのグローバルネットワークとも連携し、多角的、複合的な支援を提供しています。

グローバリゼーションの深化とともに日本企業を取り巻く環境が大きく変化している今こそ、CFOが主導して、CFO組織の役割を再定義し、CEOや事業部門、企画部門などと協働しながら、グローバルレベルでCFO機能を進化させていく必要があるのです。

グローバル化は「攻め」のCFO機能を実現するプロフェッショナルを必要としている

グローバル化により複雑化・多様化する課題や、十分な前例がないような厳しい条件下でも、常に自分自身がリーダーのつもりでクライアントをリードし、プロジェクトを完遂する強い意志と覚悟をもったコンサルタントが活躍しています。

グローバル企業が全世界的に実施するプロジェクト(インバウンド)、日本企業の海外進出、および進出後の経営基盤整備支援(アウトバウンド)、Deloitte海外オフィスとの協業等、様々な形でクロスボーダー案件に関わることが可能です。米国、欧州、アジア地域でのプロジェクトへの参加のチャンスも増えています。

様々な課題に直面するCFOを支え、ファイナンス組織の能力向上に寄与することをめざし、グローバルに展開するプロフェッショナルファームの一員として先進的な知見やネットワークの場を提供していきませんか。

CFOサービスのオファリングメニュー

  • グローバルファイナンスストラテジー

    • ・事業価値評価、事業・投資ポートフォリオマネジメント
    • ・財務戦略、資本・配当政策決定
    • ・グローバルトレジャリーマネジメント
    • ・経理
    • ・経営管理PMI(Post Merger Integration)
    • ・グループ経営管理体制
    • ・ガバナンス強化
  • グローバルエンタープライズマネジメント

    • ・グローバル経営管理制度の構築
    • ・予算管理制度・業績予測高度化
    • ・業績管理・評価指標体系の見直し
    • ・原価企画高度化・原価制度再構築
  • グローバルアカウンティングオプティマイゼ―ション

    • ・連結報告体制の最適化
    • ・グループ会計基準・ルール統一
    • ・リスク管理体制強化
  • グローバルファイナンスオペレーション

    • ・決算期統一・決算早期化
    • ・シェアードサービスセンター設立/アウトソーシング活用
    • ・会計システム導入構想策定/プロジェクト管理